新電力で電気代大幅削減

「電力の自由化」ってなに?

これまでは地域で決められた電力会社と契約を交わして電気を流してもらうのが一般的でした。

しかし、2016年4月に政府は電気代緩和を目的とする「電気の自由化」がスタートし、新規に電力会社として参入できるようになったのです。

その結果、私たち消費者側が電力会社を比較して選べるようになりました。

現在の電力業界では競争が激化し、様々な料金プランやサービスが登場。ニーズに合わせた新電力との契約が可能になりました。

ちなみに2017年4月には都市ガスの自由化がスタートしています。

電気と同様、ガスの小売り部門の新規参入が自由になり、電気+ガスをセットでの申込みが可能になりました。

まずはシミュレーション(エネチェンジ無料診断)で、年間メリット額やキャンペーン等をチェックしてみよう。

電気代が安くなる理由

なぜ新電力に切り替えると電気代が安くなるのか?

新電力会社の中には、発電して余った電力(余剰電力)を買い取り、消費者に安く供給しているケースがあります。

また、莫大なコストを必要する発電所を保有しない新電力会社が多く、これも電気料を安く提供できる理由の一つです。

さらに新電力会社の多くが、ガス・石油・通信・クレジットカード等と電力以外でメイン事業をしています。

電力事業での利益が少なくても問題はなく、セットプラン等で消費者を自社ブランドに抱え込む戦略を目的とする会社もあります。

そこで、どの新電力が安いのかシミュレーション (エネチェンジ無料診断) で確認してみましょう。

新電力の手続きは簡単

新電力への手続きはとてもシンプルです。新電力会社への申込みのみで完了します。

新電力会社が現在の電力会社へ解約手続きを代行するため、お客様が解約等の連絡する必要は基本ありません

申込後、これまでと同じ次回の検針日から需給開始となるため、日割り計算等は発生しません 。 需給開始後も従来の電力会社が検針を行います。

また、自宅の電気メーターがスマートメーターでない場合、従来の電力会社による交換工事(原則無料)が必要です。

申込の間に必ず年間メリット額をシミュレーション(エネチェンジ無料診断) で確認しておこう。

お得な裏技

新電力の多くは、新規契約時にキャッシュバック等の公式キャンペーンを用意しています。

そこで裏技があるのですが、公式サイトから申し込むよりも電力の比較サイト (エネチェンジ) から申し込む方が断然お得なのです。

新電力の代理店でもある比較サイトでは、売り上げの一部を還元する独自キャンペーンを用意しているのです。※ない新電力もあります。

話をまとめると公式と比較サイトの2つキャンペーンが受けられるということです。

最適な新電力を選ぼう

新電力を選ぶにも全国600社以上(※2019年11月現在)ある中から探すのは苦労します。

そこで役に立つのが比較サイト (エネチェンジ) のシミュレーション機能(無料診断)です。

年間メリット額・おすすめの新電力・ダブル(公式+比較サイト)キャンペーン情報が一発で確認できます。

新電についてのまとめ

新電力について色々と調べていてわかったことがあります。

それは新電力に切り替えても切り替えなくても、お住まいに届く電気は同じ電気だということです。

わかりやすく説明すると様々な発電所で作られた電気は、従来の電力会社が保有する電線網に入り混じって流れてくるため、同じ電気だということです。

保守面もこれまでと変わりません。

事故や災害等で停電になっても、電線網は従来の電力会社が引き続き、管理・保有するため、復旧作業等は従来の電力会社が行うので今までと変わらないのです。

万一、契約した新電力が倒産したとしても、従来の電力会社が補償してくれるので電気が突然止まるなんてことはありません。

唯一変わるのは、請求先と料金が安くなるという事実だけなんですね。

同じ電気を使うなら1円でも安い新電力をシミュレーション (エネチェンジ無料診断) でチェックしてみよう。


同ジャンル関連コンテンツ