幼児・子供のおもちゃ(知育玩具)のレンタルが注目

国内では2015年頃からおもちゃのサブスクリプション(定額制)サービスがはじまり、現在では数社が提供している。

人気なのは普通のおもちゃではなく、知育玩具(ちいくがんぐ)と呼ばれる幼児や児童の知能的発達を促進する玩具になる。

知育玩具の原型と言われ世界でも高く評価されているのが、1949年に発売された「レゴ・ブロック」と言われている。

子供の頃から考える事や表現する事を通じて、知能全般の発達を促す事を目的とする代表的なおもちゃとされている。

今回のモノベストでは、子供の成長に合わせて選べるおもちゃ(知育玩具)のレンタルサービスをご紹介します。

おもちゃのレンタルサービスとは

おもちゃのレンタル(サブスク)サービスとは、月定額で子供の成長に合わせておもちゃ(知育玩具)が借りられるサービスです。

レンタル料の平均は2000円代~3000円前後が多く、月5個前後のおもちゃがレンタル可能になる。

おもちゃの対象年齢は0歳~8歳位までとされ、子供の成長に合わせて適したおもちゃが選べる

子供さんがおもちゃに飽きてしまった場合でも、違うものに交換してもらえるので安心です。

貸し出されるおもちゃは基本的に中古品にはなるが、クリーニング(消毒等)やメンテナンスには徹底されているため、汚れ等に関しては気にしなくても大丈夫です。

料金体系やレンタル可能なおもちゃの数は、各プランがありますので予めレンタル先に確認していただきたい。

おもちゃの月額レンタルサービス【キッズ・ラボラトリー】

子供の脳は3歳までに80%完成する

子供の脳は3歳までに80%、6歳で90%、12歳までにほぼ100%完成すると言われている。

3歳までの育児のあり方が、その後の性格、知能、運動能力に影響を与えることは言うまでもありません。

子供の脳の発達を促す知育玩具には色々な種類があり、脳トレ効果が期待できる。

子供は、身のまわりで起きることや様々なものに興味を抱き、常に刺激を受けています。

この時期に成長に適したおもちゃを準備することは脳の発達にとって非常に重要なことなのです。

玩具のサブスク

おもちゃのコンシュルジュに相談する

おもちゃ専用のコンシュルジュがサポートしているレンタル会社があります。

ひとりひとりの子供に合ったおもちゃが届くように不明な点があれば何でも相談できます。

ラインナップに無いおもちゃ(知育玩具)等があれば、コンシュルジュにリクエストすることも可能になる。

必要な分だけのおもちゃを準備

子供のおもちゃは成長に合わせてどんどん増えていくため、収納場所に困るケースもあります。

子供の成長は早く、その都度興味を持つおもちゃも当然新しくなるものです。

必要な時に必要な分だけのおもちゃを用意し、成長に合わせて新しいものに交換できたら無駄がないのではないでしょうか。

これまでの購入する時代からエコなレンタルサービスを検討する価値は十分あるかもしれない。

おもちゃの月額レンタルサービス【キッズ・ラボラトリー】